大分・別府のアーティスト活動と町を盛り上げるためのサイトへようこそ! 街中コンサートやイベントで、一緒に大分の町を盛り上げていきましょう!

ヘルムヘン・エーベルレ・団十郎「ピアノ・トリオ コンサート」 - 2012年4月7日(土)

4月7日(土) ピアノ・トリオ コンサート

ヘルムヘン・エーベルレ・団十郎「ピアノ・トリオ コンサート」のチラシ

ヘルムヘンと団十郎がついに大分で初共演
ヴァイオリンはドイツ最注目の実力と美貌を兼ね備えた23歳、エーベルレ
奏でる楽器はヴァイオリン、チェロ共に名器ストラディバリウス

この情報をfacebookで友達にシェアするには「おすすめ」をクリック!

3月11日に行われた「祈りの大コンサート・大分」を取材していたところ、これまたびっくり企画のコンサート情報が入ってきました。

※S席4,000円(200席限定)は完売したそうです。(3月11日現在)
(リポーター 森山)

コンサート基本情報

日時 : 2012年4月7日(土) 15:30開場 / 16:00開演

会場 : iichikoグランシアタ

入場料(チケット) : S席4,000円 A席3,000円 B席2,000円(全席指定) 学生1,500円(当日指定)

チケット取扱い : デンク・パウゼ 097-547-8360 他。

主催・お問合せ : NPO法人 デンク・パウゼ 097-547-8360
共催 : 財団法人 大分県文化スポーツ振興財団

演奏プログラム情報 (チラシ等より)

ハイドン:ピアノ三重奏曲 第43番 ハ長調 Hob.XV:27
ブラームス ピアノ三重奏曲 第3番 ハ短調 Op.101
シューベルト ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 D898 Op.99

出演アーティスト情報 (チラシより)

マーティン・ヘルムヘン (ピアノ)

巨匠への階段をひたすら昇り続けるドイツ・ピアノ界の至宝

1982年ドイツ生まれ。6歳でピアノを始める。これまでアリエ・ヴァルディ等に師事。0l年『クララ・ハスキル国際コンクール』で優勝、04年《ヤング・アーティスト・オヴ・ザ・イヤー賞》受賞、06年《クレディ・スイス・グループ06年新進音楽家賞》、同年石坂団十郎とのデェオCD(ソニー・クラシカル)で《エコー・クラシック新進演奏家賞》受賞。これまでウィーン・フィル、ベルリン・フィル、パリ管、ベルリン・コンツェルトハウス管,ベルリン放送響等々と共演。08/09シーズンはベルリン・コンツェルトハウスのレジデンス・アーティストに選ばれ、数々の音楽プロジェクトと取り組んだ。05年にNHK交響楽団定期演奏会で日本デビュー。08年の2度目の出演では 「心に残ったソリスト2008年」で第4位に選ばれる。2011年4月にはNHK交響楽団(サー・ロジャー・ノリントン指揮)でべートーヴェン≪皇帝≫を演奏、トッパンホールで行ったリサイタルともども絶賛を博した。07年9月にPentaToneレコ一ドの専属になり同レーベルからモーツァルトの協奏曲13番、24番のCD(ボーナスDVD付きPTC5186 305)がリリースされ、その後、定期的にさまざまな作品のCDを制作し高い評価を受けている。

ヴェロニカ・エーベルレ (ヴァイオリン)

17歳でラトル指揮ベルリン・フィルと共演した恐るべき才能

1988年ドイツ生まれ。6歳からヴァイオリンを始め、クリストフ・ポッペン、アナ・チュマチェンコ等に師事。これまでベルリン・フィル、ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、アムステルダム・コンセルトヘボウ管、ミラノ・ヴェルディ響、またドイツ語圏主力オーケストラ等々、世界的オーケストラと共演。サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルとは17歳で初共演し、以来ラトル指揮でロッテルダム・フィル等とも共演する。次代の音楽界を背負うヴァイオリニストとして大きな期待が寄せられている。初来日は08年11月のNHK交響楽団定期演奏会で、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲(指揮イルジ・コウト)を演奏し、定期会員の投票による「N響定期で最も心に残ったソリスト2008年」で、初来日、初共演ながら堂々3位に選ばれた。その演奏と音楽性は関係者から高く評価されている。2010年11月にはNHK交響楽団と2度日の共演(指揮マルクス・シュテンツ)で上述の「心に残ったソリスト2010年」で4位に選ばれた。2012年のメクレンブルク・フォアポメルン音楽祭レジデンス・アーティストに選出。使用楽器は、日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス1700年作 「ドラゴネッティ」。

石坂団十郎 (チェロ)

現役最高峰の優勝歴。希少なチェロのストラディヴァリウスがうたう

1979年ドイツ生まれ。4歳からチェロを始める。父親は日本人、母親はドイツ人ピアニスト。ボリス・ペルガメンシコフ等に師事。92年第1回青少年のためのチャイコフスキー国際コンクール特別賞受賞。98年カサド国際、99年ルトスワフスキー国際、2001年ミュンヘン国際、02年ペルリン・フォイアーマン・グランプリと、難関コンクールで立て統けに優勝し国際的な注目を集める。03年《ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
賞》受賞。06年にはデビューCD「チェロ・ソナタ」がドイヅ・フォノアカデミーの《エコー・クラシック新進演奏家賞》受賞(ピアノ:マーティン・ヘルムヘン。日本発売のCDはゾニー・クラシカルB0009NDHLM)。これまでバイエルン放送響、ウィーン交響楽団、ロンドン・フィル、マリインスキー劇場交響楽団等々と共演。04年4月のNHK交響楽団公演で日本デビュー。06年にNHK交響楽団定期に登場「心に残ったソリスト2006
年」で第6位に選ばれる。06年NHK音楽祭にも出演。2011年秋からドレスデン音楽大学教授に就任。演奏チェロは、日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス1696年作「ロード・アイレスフォード」とクロンベルク・アカデミー貸与のW.シュナーベル1997年作。



関連ページ

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional