大分・別府のアーティスト活動と町を盛り上げるためのサイトへようこそ! 街中コンサートやイベントで、一緒に大分の町を盛り上げていきましょう!

昭和の町 ホテル清照別館

ホテル清照別館 (ホテルせいしょうべっかん)

大分県豊後高田「昭和の町」にある素敵な展示場で、建物は国の登録有形文化財に指定されています。 さまざまな大分に縁のある特別展をされているほか、常設展として、「昭和のお錢(かね)展」を開催されています。

最新情報

  • 2011年3月19日、来場者数10万人突破記念イベントが開催されます。
    →東日本地震のため延期となりました。

施設の紹介

ホテル清照別館

豊後高田「昭和の町」内にある素敵なモダンな建物「ホテル清照別館」。その中は、現在展示場として使われています。さまざまな大分に縁のある特別展をされているほか、常設展として「昭和のお錢(かね)展」を開催されており、2011年1月末には来場者数が10万人を突破しそうなのだそうです。


この建物は昭和8年に当時の豊後高田市の豪商であった、野村礼次郎により建設されたと言われており、旧共同野村銀行でした。数年前、取り壊される寸前のところを大分石油さんが所有、補修工事をされ、2009年6月19日には国の登録有形文化財に指定されました。


モダンな紋様を持った軒や波板硝子など、当時の面影を今に伝える、昭和の町における重要な建物になっています。

建物を見学し、常設展「昭和のお錢(かね)展」などを見てきました。(森山)

(写真をクリックすると少し大きく表示します。)
なんと入館無料この日はさつまいも入れ放題200円一億円持ってみたら意外と重かったです5キロ以上?

窓はイタリアの建物風?世界のお金がずらり記念硬貨などがずらり昭和のいろいろなお札達

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional