完熟収獲・超低農薬栽培で音楽を聴いて元気に育つ「オペラトマト」大分県日出町で栽培し直売・通販中。ついてる楽しい幸せなトマトです。

バーコードシールの貼り間違えですか?

バーコードシールの貼り間違えですか?

朝から数回電話がかかってきて「バーコードシールの貼り間違えかなぁと思いまして・・・。」

「特選品なんでその値段で大丈夫です。そのまま売ってください。」って言いました。

それから他の方からは、「同じ袋だと違いが分からないから、箱入りや桃のパックみたいなのにフルーツキャップしたらいいかも・・・。」等々いろいろ教えていただきまして、一日でこれだけの反響があって大変感謝しております。

中には「あまり高いもの置くと産直コーナーの評判が落ちるかも・・・。」なんて話まで出てきたりこなかったり。

一生懸命良いもの作って送ったら、逆に迷惑がられてしまう?!

しかし・・・。わずかしか取れない厳選品なので、価格を2倍ちょっとにしただけなのに、この反響って・・・野菜だからこういうことになるのかなあと考えさせられました。 

他の商品なら、同じ品目の物でも価格は数倍違う物がスーパーにだっていくらでも並んでいます。

たとえば昨日の牛肉だって。100g200円の物から2,000円の物まで、10倍差があるのに同じ場所に置いてあって、どれも平気な顔で買われていく。誰も「値段の間違い」なんて思いませんよね。

しょうゆだって。1リットル200円の物から、500ml1,000円の物までありました。塩でも油でもそんなものです。安いものから高いものまで価格差10倍くらい平気であります。

それが野菜となると2倍になっただけで大騒ぎなんですね~。 栽培方法も味も全然違う物だってあるはずなのに。

これって、これまで何十年も、みんなでおんなじような物作っておんなじような値段で売り続けてきた弊害じゃないですかね?

まあ今回も、「品ぞろえも増えて面白いし、特別品もどんどん置いてください。」って言ってくれた店もありましたので、そういう店に持っていくようにするだけです。

これからもオペラトマトは、たとえ大都会のどんなデパートを見て回っても売っていないような、新次元のクオリティのトマトを生産販売し、自分の身近なお客様の食生活から豊かにすることを目標にして、もっとどんどん楽しくやっていきます。(笑)

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional